トップ記事

シチズンは飛行機に乗る時の時計ガラスは意外にもわからないで

シチズンはない、飛行機に乗る時ガラスの時計ガラスが意外にもわからないで
最近は飛行機で上海に出張する時、飛行機に乗るときは時計の時間の腕時計もちゃんと。飛行機は離陸まで登る上空の時、再見ない腕時計のガラスがない、しかもただ値段の高いIWC時計。
この場合と際立つかもしれないので、大多数の人は恐らくすべて出会っていないで、甚だしきに至っては聞いていないが、これは確かにあるが発生する可能性の。
というのは、気圧の問題だと。私達は知っていて、標高大気圧と関係があり、標高が高いほどは大気圧が低いほど、大気の圧力の強さに高度を上げて、一定の範囲内で、海抜が高くなるごとにじゅうにメートル、大気圧に減少して1mmHg。
今は旅客機の飛行高度約がいち万メートルぐらい、旅客の安全を保障するためと飛行機内に快適、加圧しなければならない、それでも、飛行機に上がったり下がったときは、耳が痛い、耳塞いで、甚だしきに至っては目が痛い、頭が痛いの反応は現。
この場合は、体の内外の気圧圧力と違い、鼓膜眼球と反映に敏感、私自身はこのように、かむと口も役に立たないで、ただあくび元気を。防水合格の腕時計、腕時計もきっとシールが良好で、外部に対し抵抗圧力も2種類の情況:加圧のと減圧。加圧時、腕時計のガラスや表をはほど圧がもっときつく;出会い減圧時はさもなくば、それは一種の真空の負圧、ガラスと表を受けたは外に向かって膨張の力。