トップ記事

ティソは2006年にドーハアジア大会公式に指定された

1853年創業のスイス時計メーカーであるティソ発表し、光栄にになって、2006年じゅうに月いち日-じゅうご日カタールドーハで行われた第15回アジア競技大会唯一指定カウントダウン公式。今回の協力は、ティソの運動や計時の2大事業の投入及びアジア市場の重視。アジア大会は夏季オリンピックに次ぐ世界第2位のスポーツの試合で、それは設置したグローバルスポーツ競技も導入はアジアの伝統的な特色のプロジェクト。今回のドーハアジア大会は45の参加国の合計は、設立423種目では、これまでの最大規模のアジア大会。このレースに参加することができ、ティソは誇りに思う。
ティソ総裁フランソワを宝さんとドーハアジア競技大会組織委員会幹部集合写真-いち
ティソ総裁フランソワを宝さんとドーハアジア競技大会組織委員会幹部に写真-

ティソ社は、とっくにアジア大会で古い友達になっています。早く前に2回釜山、バンコクアジア大会期間中、ティソとその兄弟ブランドロンジン、すでに連合にアジア大会公式スポンサー指定タイマー。2006年のアジア大会として唯一の公式指定クロノグラフ、ティソをドーハアジア競技大会組織委員会に提供し、専門技術者によるクロノチームの総人数は130人ほど、彼らをつかさどる35トンの重さにカウントダウン設備とさんじゅうキロのデータを含む(各種のカウントダウンと採点情報伝送ケーブルを)を超えるよんじゅう国のさんじゅう億観衆伝送試合結果。こんなに大仕事の量が通常1200作業日でできて、ティソの技術者だけの運用の先進的な設備とカウントダウンし、試合のプロセスを保てる。ティソわざわざの別の競技種目で開発した特別なカウントダウン設備を含め、プールで使用のタッチパッド、自転車競技用のスタート器を運用して、先進的な端末撮影技術判定勝負——このような細部の懸念が、実際にすべて地を打つ槌確保。