トップ記事

ラン格腕時計知識編全面サービス標準工程の腕時計編

腕時計全面サービス標準の工程

A、ケースを開けて、文字盤とムーブメントを取り出します、

B、分割ケース(水晶ミラー、ボタン、時計冠、時計圏、時計枠など)、

C、ケースや時計の鎖をリセットし、必要なときに修理、

D、洗浄ケースや時計の鎖、

E、新部品でケースを再組み立て(水晶ミラー、ボタン、表冠、防水管、時計圏など)、

F、文字盤をムーブメントと針から取り除く、

G、ムーブメントを単独の部品に分割する、

H、時計の各部品の操作が正常であるかどうかをチェックし、さびや摩耗があるかどうかをチェックする、

I、欠陥のある腕時計の部品を除いて、

J、特殊洗浄機を利用して分解したムーブメント、

K、清潔度チェック、

L、コマンド(技術ガイド)によって組み立てて潤滑にする、

M、その腕時計ブランドの品質基準に従って、ムーブメントになります、

N、文字盤と針をインストールする、

O、仕事指示に従って指針として最終調整を行う、

P、ケースを閉じて防水機能を検出、

Q、時計に正確な設定を設定して、組み立てた時計の清潔度と運行状況をチェックします、

R、24時間後に時計の精度を検出する。精度が理想でなければ、腕時計は表技師に必要な校正をする