トップ記事

時計の心得をどう選ぶか

実はどのような話を選ぶといえば腕時計は、公式権威説はすべていくつかの腕時計のプレイヤーの個人の分かち合いと逸話。今日、私は初心者として、私はどのように腕時計を選びましたか。実は時計を選んで、二つの要素があります。
時計の第一要素を選ぶ:予算の確定
予算が白くなったのはお金で、お金がなくても何も考えなくて、頭が痛い。もちろん時計にも価格の高低があるので、私たちの能力はどこに入っているのか、時計を買う予算にどこまで行くか、これは先に決めます。小編みのようなアルバイトの子にとっては、何百円が私の予算です。予算は私達の下で第2の要素を話しに来ることを決めました。
時計の第2要素を選択します:何の時計を買うことを確定します
どんな時計を買うのが最も重要で、最も難しくて、核心の所在なのです。腕時計はブランドのポイントがあり、種類のデザインの点があります。どうやって自分の腕時計を選び、どうせ自分に適して、自らを足場に出発して、あなたの趣味、出入り場合、生活習慣などを考えると、例えば小編はサラリーマンで、運動のファン、バスケットボール、ランニング、下班時々友達と行ってものを飲んで、食べてデザートバイキング、KTVに行っても安いのあの、見ても友達のおかげで試合をまけて、小さく編むは倹約飾り気のない人。実はやはり第1の要因の問題ではありませんね。私はスポーツ愛好家で、私は石英表を選んで、運動が機械の時計に影響を与えているので、私はよく時計を脱がしたくないので、機械表を考えなくなった。普段は通勤にレジャー、Tシャツにジーンズ、個人的には白黒で、シンプルでシンプルな腕時計が好きです。本音を言うと、今時計を買うのが一番大切なのは、自分と組み合わせたものです。私は質素な人だと言っていますが、ブランドに対しては何の要求もなく、もちろん口コミや性能面も悪くはありません。次は何種類の時計を共有します!