トップ記事

ロレックス経典腕時計探査2優の欠点比較

ロレックスExplorer Iは、Rolexの中で比較的別の1匹の時計で、絞り3 – 6 – 9、逆三角および条型の場合は、正装表と運動表の混合の雰囲気を持っています。11 , 427の表盤の易読性は、role xを愛していないWalt Odetsにも賞賛された。最も早いのは6300でしょうか、蜂の巣の黒面が円形の3 – 6 – 9のフォントとベンツの針を配合して、機軸の級数はすでに天文台級です。近代のExplorer Iは数年前に日本の鳥人木村で日本の劇中に配属されたもので炒めたが、価格はやがて穏やかになってきた。

ロレックスは近年、「大」を愛し、アップグレードした。16710 – 116700、16600- 116660、21282までアップグレードして、第1の2をはじめとするスピースローマになっている。

アップグレード後の利点は

1 .大きくなって、39 mm、近年の審美眼に合っています。正装したり、組み立てたりしています。
2 .バンドとボタンがアップグレードして丈夫ですが、全体の重さはまだ軽率レベルです。
3 .平、HKD 4600の公価は、スポーツの中でとても友好的な一員です。
4 .炒める、代理と交情の割引がある。
5 .糸の殻とベルトは、処理しやすい。

アップグレード後の欠点は

1 . 3 – 6 – 9は金属の字で、字の内は11 .
2 .殻が大きくなったので、針がそれに応じて伸びていません。
3 .表面はかすれて黒で、反光が黒いというわけではないので、個人的な感覚は古いものよりも容易ではない。