トップ記事

帝舵grantour帰腕表实拍クロノ

2013年4月25日、1年に1度の時計界で開催されたバーゼル国際表展が幕を開け、腕時計の家チームが特にスイスに行って、その先で初めて展示されている。

新しいGrantour Chronoフロート腕時計は、リアルタイムの設計が可能な時と瞬間ゼロ機能によって、常に数時間にわたってカウントダウンを行うことができる。

この新しい腕時計は、Grantour DatoとGrantour Chrono表のサイズと同じ42ミリの表殻を採用し、赤色に彩られた飛戻しボタンを搭載し、9時位置に小秒針のカウントダウンを設けている。その背景デザインは、自動車のエンジン伝動帯を連想させる。

ステンレス表のほか、帝舵表はさらにGrantour Chronoフラッシュ・バックに初めて18 ctピンク金鋼表を発売した。

まとめ:すべてのGRANTOツアーシリーズは、いずれも保険ボタンを搭載し、8分の1を回すだけで鍵をかける。シンプルなデザインの磨砂時計耳があり、鮮やかな技術スタイル。また、新金の斜め切タイムマークと分刻みが表面のエッジになっているなどの詳細は、この年のGRANTOツアーシリーズDATE、Chrow、CH – BARYにも多くのカラーが増えている。GRANTOECHおよびGRANTOツアーDATEは42ミリの表殻と精巧な細部のデザインで、さらにそのスポーツスタイルとエレガントなラインを披露する。