トップ記事

オメガの石英の時計の電池の使用寿命はどの2つの要因に依存しますか?

オメガの石英の時計の電池の使用寿命はどの2つの要因に依存しますか?
石英の腕時計の電池の使用寿命は(1)腕時計の電脳回路の電力消費(2)電池の容量、2つの要因。電池の容量が大きくなるほど、電気回路の電力消費が小さくなると、電池の使用寿命が長くなる。
腕時計電池の容量単位は、電池の体積の大きさを見て、一般の酸化銀の電池の容量は数ミリ安の時に数十個のミリ安の間に体積が大きくなるほど容量が大きくなる。時計回路の電力消費はすべてマイクロ安級で、現在のIC回路のレベルは1つのマイクロ安の左右にできることができます。理論的には、電池の寿命は電池容量に等しい回路の電力消費に等しい。
腕時計の最も通行する電池は酸化銀の電池で、それは体積が小さくて、容量が大きくて安定した特徴があります。つまり、酸化銀の電池は普通の乾電池のように、電圧が使うにつれて徐々に低下します。酸化銀電池の規格は非常に多く、数十種類がありますが、その中では日本産の比較でよく見かけます。ブランドは松下、ソニー、万勝、精工など、スイス産の「RENATA」、その電池はすべて独立して包装しています。
使用する場合、RENATAの電池は比較的に高く、外観も比較的に精緻であるが、電池の密封性能はまだ日本に及ばないようで、アルカリ性の現象の時に発生していて、すべてのスイス産石英の時計はすべてRENATAで、日本産の電池は精工ブランドの最高だった。同一の規格の電池であっても、異なるメーカーの電池の容量が異なっていても、1つの酸化銀電池の指標の表があって、中にはすべての電池の電圧、サイズ、容量の詳細なデータが与えられている。