トップ記事

栄光の遺産は13年に過ぎた2人の腕時計

時計業にとっては、2013年はかなり穏やかな調整の年であったはずだが、注目のスターたちであっても特別なことはない。年末年始の資格を持つ時計人が亡くなって、感慨深い。

1月22日、精工名誉理事長の服部礼次郎が92歳で亡くなった。会社の創始者としての服部、金太郎の孫、服部礼次郎は、無聞の工場から業界の大規模な飛躍的な発展を目撃し、特に1987年に兄が亡くなった後に礼次郎は服部家族の一族の長となり、2001年まで会長を退任したが、精工に対する影響は2010年4月に1回まで影響した「宮廷政変」式の取締役会が開かれてから、甥が完全に取り除かれた。東京の最も豪華な百貨店WakOを持つ精工家として、日本の高級品販売における影響力は非常に大きく、礼次郎の妻悦子は世界の真珠王御本木の家族で、妻や本人の家族を通して、日本式の豪華な世界での呼びかけが強くなる。この圏内では多くのことが知られていますが、業界内ではかつての重大な人物であり、実は多くの人の知っている話を持って行って、彼の多くの経験は特に中国の同行者の参考にしています。

それに対して、今月3月に死去したロレックスのPatrick Heingerは、業界でも知られている。2008年の金融嵐は、ロレックスの独自の地位に影響を与えなかったが、彼はマツフ詐欺事件に巻き込まれて会社に損害を受けさせ、急に辞任を宣言せざるを得なかったという。ある人は62歳の「早死」と思っていて、決して正常ではないかもしれない。いずれにしても、Patrickの死を家のように、世の中の変化に直面して、永遠に余裕のある人物として、ロレックスという神秘的な王国がさらにベールを剥がすようになった。家族のリーダーの介護がなくて、この豪華な腕時計王国の未来の正確な発展の方向はまた本当に観察しています。しかし、1990年代半ば以降、ロレックスはPatrick Heingerの司会の下で徐々に公衆に露出し始めたことも指摘されています。そのため、個人の立ち去っは会社に大きな影響を与えることはありません。