トップ記事

“手雷”の珍宝時計の品鏡百達智麗APDANASTシリーズ5168 G – 600腕時計

シダブリーのApanotシリーズの初作品が1997年のバーゼル展で発売され、2017年は20周年にあたることから、20歳の誕生日を迎えたAvanoe . 5168 Gの腕時計が登場した。見た目の特徴が「手雷」と呼ばれていた。この点は“特別”で、表殻から機軸まで、外で凝縮された力は多くのステンレスの時計の中で十分に選ばれます。
Apanotシリーズの他の腕時計と同様に、Rf . 5168 Gは、円潤の八角形の表輪と、垂直のサテンの平面部分と逆角を放つ表殻側の辺などの特色を残している。前の鋼の殻、40ミリの直径の5167、5168 Gの表殻は18 Kのプラチナによって製造されて、表径の42 mmで、シリーズの現在の最大サイズの時計のデザインで、これは1976年のNatilesと同じ直径のオリジナルのデザインに敬意を表します。

紺色の碁盤の紋様
同様に新しい要素に属しているのは、表盤とバンドの色、紺色の色、表盤の色はまだ内からの明暗の漸変効果を示していて、Auanot 5164トラムTimeバラ金腕時計の表面の太陽の紋の効果と同じです。表面の碁盤の格紋圧花の図案は、プラチナの立体のアラビア数字に最適な背景を作った。

夜光コーティングの際の標と針

時の落札や針の上には、スーパーでも夜光コーティングを塗り、闇の中でも気軽に時間を読み取ることができ、また1つの特徴として、同様に夜光を帯びた18 Kのプラチナ5分の立体刻印が手打ちされている。