トップ記事

最高に黄金表を連帯する

中国人は黄金の情結を持っていて、金色に輝くのは最高の権力を象徴していて、富貴、吉祥を意味し、さらに値を上げることもできる。黄金が再びファッション界で「うぬぼむ雨」になると、金表がいいものであることを意識して自責しているのではないか。旧暦の新年を迎えるに際して、どのように正確に金表を選択しますか。

金表の属性――「K」

純金があまりにも柔らかく、曲がりやすいので、時計の分野で製造された表殻やバンドなどの部品は純金を採用しないのではなく、異なる色のK金で製造されています。例えば、9 K、14 K、18 Kの金など、現在の金表は18 Kです。

金は、金、銀、銅などによって構成されている(75 %の金、25 %の銀、銅など)。同じ腕時計にそれぞれ3つの材質を採用した場合、価格はほぼ同じである。

特に注目:

1 .プラチナ(PT 950)材質の表金は、Kキム・金表の価格とは差があり、価格的にはKプラチナとプラチナ金を見分けるのが簡単な方法である。

2 .スイスは1995年以降、貴金属のケースであればすべてサンバナの図案として使用されているが、18 K色の刻印は天平図案に「18」を付加している。

金表の優勢

通常の材質と比較して、金の時計は往々にして高くないが、金表は賞値の作用を持っていて、常に時計の収集者の最初の優先になる。