トップ記事

周遊する楽しみはショパンMilleMiglia両地の時間の腕時計を鑑別評定します

MilleMiglia骨董の車大会は1人の良好なパートナー、それはつまりショパンがいます。1988年、ショパンはそのオーダーメイドなるMilleMigliaシリーズを出して、そしてだから1段の佳話を成し遂げました。今日、小さく編んでみんなのためにショパンCLASSICRACINGシリーズMILLEMIGLIAモデルの中の168514―3001を持ってきます。

旅行者達は特にこのMilleMiglia GT XLGMT両地の時間の腕時計を鑑賞するのができます。その上品な44ミリメートルの直径の精密な鋼が殻を表す内に、黒色の時計の文字盤の上で1枚の以北極為センターの世界の地図を表示して、そのためつける者は急速に直観的に時差を計算することができます。

ショパンCLASSICRACINGシリーズの168514―3001
型番のトップページ|パラメーターは配置します|画像|報価政府の指導価格
¥61,000
腕時計の採用する精密な鋼のためは殻を表して製造して、44ミリメートルの時計は直接設計して、黒色の時計の文字盤の上で1枚の以北極為センターの世界の地図を表示して、そのためつける者は急速に直観的に時差を計算することができます。 それ以外に、1本の短いポインターも絶えず特定の標準時区の時間を出るのを指示します。

手首は冠を説明しておよび耳を表してすべて精密な鋼を採用して製造して、耳を表して小さくて傾いて、腕時計最もしっかり手首の上でで貼ることができるため。一体化のゴムの腕時計のバンドの筋模様は60年代のダンロップ(Dunlop)のタイヤのゴムのようで、殻を表しと完璧に統合して一体になって、体験をつけるのは更になめらかで心地良いです。