トップ記事

者をよく表してあなたにどのように心から愛している腕時計に保養するように教えます

どう機械式ウォッチを補修しますか?

1.毎日固定的な時間の上條にある方がよくて、一回は十分です。ねじをまくのが時計を回す速度を適切です。(自動機械的な時計の普通が時計回りによって回転するのは20―40の下ですぐなります

飽和状態)。

2.腕時計は最も避けて猛烈に震動して、激しく運動する時腕時計をとって衝突を免れるのを提案します。

3.気の向くままに底を開けてかぶせないでください、更に気の向くままに針を動かしてはいけなくて、不当の使うのは腕時計の底水の波紋を防いで変形をかぶせて、水を防がないでをもたらします;直ちに専門を送るもし問題がある

補修します。

4.腕時計をつけてサウナの部屋が出入りするのを免れて、寒く交替する環境の長い時間効果を温める下に水の波紋を防いで変形をもたらしやすいです。

もしも水が入るのがひどくありませんて、ただ表してガラスの内に層の霧があって、この時に何層のトイレットペーパーを使えるのがあるいは湿っている綿フランネルを吸い込みやすいかばんを表しを厳しくて、40ワットの電球の15センチメートルの所まで約30分火であぶっていて、すぐ水の息を取り除くことができます。時計を火が間近で直接火であぶりにだましをぜひ避けねばならないで、時計熱変形を受けないようにします。蒙朝の内で、底の殻を表しをまた(まだ)外に向かうことができて、反対に計略上でつけて、2時間以降に水の息はすぐ取り除くことができます。もしも水が入るのがひどくて、直ちに時計店に油(脂)を拭きを送る方がよくて、チップの水分を一掃して、部品がさびるのを免れます。