トップ記事

臻まで(に)純手本之作品鑑ブレゲClassiqueクラシックのシリーズの5157超薄の腕時計に着きます

いつまでも取り残されない審美の理念、スイス高級時計ブランドブレゲがの2特質でないを表すので、最も純粋なブレゲの風格を象徴します。16世紀から、丸くない真珠は模様を刻む彫刻工芸を彫刻してずっと表を作成する師の愛顧を受けます。すぐさま、ブランドの創始者のブレゲ先生はこの技術を時計の文字盤の装飾の中で運用して、独特なブレゲの風格と解けて、時計の文字盤を現実になるまっすぐな芸術品に彫り刻んで、ブレゲの時計算するシンボル的だ設計の中の一つになります。2018年、ブランドは再度だから源を創作するで、全く新しいブレゲCを出しましたlassiqueクラシックのシリーズの5157超薄の腕時計、ブランドの多くてすばらしい設計の基礎の上将を保留していて厚さのしたのを表す更に細かくて薄くて、ブランドのきんでている表を作成する技巧が現れます。
ブレゲの時に計算して永遠に人に1部のすばらしい趣をあげて、無数な時計の愛好者をこの歴史は悠久な高級の時計のブランドに恋させます。1775年から今なお創立して、ブレゲの表を作成する上がずっと向かうのが機械的な時計算する無限な発展は恐らく邁進します。クラシックごとにの時計算して、全てブレゲのただ1つの美学の特色と独特で傑出している性能を持っています。このようにブレゲClassiqueクラシックのシリーズの5157超薄の腕時計が同じで、ブランドブレゲの藍鋼のポインター、パリを伝承して紋様の丸くない真珠を打って花盤面、ステルスの署名と側辺の貨幣の紋様のを彫刻して多くの項目のすばらしい設計を待って、更にきんでている表を作成する技巧の細かくて薄い厚さが現れてその中を溶け込むでしょう、伝統の技術と近代的な設計の完璧な結合もです。