トップ記事

ロレックスの後でありの透明なの_ロレックスをかぶせて背負って通りがいます

ロレックスは中国に巨大なファンがあって、たとえ中古の出て買う価格もも低いとしても、しかし多くの人もあって彼が土豪が表して、俗っぽいのだと感じて、その上デザインは守って、百年が不変だ。重点はそれはなんとほとんどはっきりしている設計を背負っていないで、チップが運行するのが見えないで、このように私がどう設置して強いるチップのきめ細かいのが運転状況を磨き上げるのをと見ると言います!

は背負って通りがいますか?

ロレックスはほとんど実情を伝えないで、ロレックスのただ利を切る尼の王子は背負って通るので、しかしすでに生産を停止して、今価格の上で百万収集します。だからもしもあなたは今市場にはっきりしているロレックスを背負いを見たのがいて、あの99.9%はすべてにせ表すので、あなたがぶつかるのは恐らく宝くじに当たるに比べて利の尼の王子の確率を切るまで(に)更に低いです。
世界はほとんどすべての大きくて、小さくて、回、トップクラスの腕時計のブランドはすべて次から次へとはっきりしている設計を背負う腕時計を出して、どうしてロレックスは密封して底を表しを堅持しますか?今日私達はいっしょにロレックスのこの“最も大衆の支持が得られない”の場所を言って、ロレックスはどうして現さないでを堅持します!

市場の潮流に順応するため、多くのブランドはすべて次から次へと辺鄙ではっきりしている設計を採用して、手軽に背を表すを通じて(通って)チップを見ることができます。さすがにチップの厚さ、磨き上げるの、回転速度をつづり合わせていて、腕時計の材料、技術などの後で、自分の実力に現れ出るのは最も簡単に背がきわめて設計するで、あなたに一目で腕時計のチップの内部を見させました。