トップ記事

石英の時計のどの商標の良い_石英の時計のブランドは推薦します

そしてシチズンはとセイコー、カシオは日本の三大腕時計のブランドといって、しかも日本製のもののずっと行ったのは価格性能比の道で、だからシチズンの腕時計が価値があってみんなは参考を買って、取り上げる価値があったのは、シチズン1995年に出す第3世代のつやがある運動エネルギーのチップ、直接腕時計の発展に影響しました。
女性の消費者のためにきわめて非常に細い腕時計のバンドを選んだのを考慮するのから、しかしその金属の質感がと所のがつながってあまりにそれにできなく見えるのがあまりにも不十分にならせます。

【Seiko】セイコー

総は広く知って、石英のチップ技術は日本セイコー会社が1969年に研究開発してくるで、だから、石英の時計に対する発言権の上で、自然セイコー会社は最も優越していて、それは正確率と科学研究の上できわめて高い造詣があって、セイコーの大部門の腕時計は同類の製品の中で価格が高すぎるのを比較しますが、しかしそれは造型の上でもっと上品で美しいです。